レバーは下処理で臭いなし!

「血が足りねぇ…」そんなことを呟いたら、旦那から冷たい目線のシャワーを浴びたりしますが(えへへ♡)、実際血の気が引いてふらふらになってそう感じることがよくあります。そんなときにぴったりなのが「鶏レバー」!!鶏レバーには身体に吸収されやすい鉄分が多く入っていて、手っ取り早く鉄分補給したいときにはもってこいの食材です。
レバーを自分で料理すると臭いが…という人は、もしかしたら下処理が上手くできていないのかも?私がいつもやっている下処理の方法をわかりやすくまとめてみたので、参考にしてみてください。

* 材料

  • 鶏レバー好きなだけ

* 下処理の仕方

  • 1レバーを一口大に切ります。このときに出来るだけ白い部分(脂肪)を取り除きます。ハツ(心臓)は開いておきます。
    手順写真1
  • 2流水で1個ずつ丁寧に血合いを洗い流します。断面にある穴の中に血管が入っているので、出来るだけ取り出しておきましょう。
    手順写真2
  • 3ざるにとってしっかりと水気を切って下処理終了です。

炊いたレバー

レバーは食べ過ぎると身体に悪い影響を与えたり、妊娠中の女性であれば胎児にも悪い影響を与えてしまいます。毎日食べるなら50g程度を目安に、1回の量を200gとか300gにしたいなら、1月に2~3回食べるといいかもしれませんね♪美味しく食べて貧血回避!

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube